FX会社の推移

FX会社はたくさんありますよね。その数2018年4月現在で53社!しかし一昔前に比べるとだいぶ減りました。

10年前の2018年4月には118社とこの年がFX業者数で見ると一番のピークでした。それから年々、業者も淘汰され10年後の今、ピークの半分以下の53社へと減りました。

怪しい業者は淘汰され、サブプライムショックや911などのブラックスワン、さらに25倍へとのレバレッジ規制で撤退する業者もありましたが、最近では体力のある上場会社による合併や子会社化が相次ぎFX業者も集約されより一層健全化が際立ってきたと言って良いかもしれません。

ですので、今では会社によって手数料(スプレッドやスワップ金利)も昔ほど差はありません。でもFX会社って皆同じではないんですよね。

キャンペーンに力を入れている会社もあれば、セミナーを開催してトレーダー育成に力をいれる会社、とにかくテクニカル分析、チャートに力を入れる会社など、以前に比べるとだいぶ様変わりしてきましたね。

でも体力勝負となるスプレッドを他と比べてかなり低く設定している会社もあることはあります。今の私がよく取引するユーロ・ドルのスプレットランキング上位は3社はこのあたりですね!
ユーロドルスプレッドが狭いランキング

ですからFXトレーダーとしては複数のFX会社と契約して見比べながら楽しんでやれば良いのではないでしょうか。またFX取引に慣れてくると取引する通貨ペアはひとつではなく複数の通貨ペアを扱うようになると思います。

その際は、通貨ペアごとにFX会社を分けて取引するのも良いと思いますよ。もちろん私も3社で取引しています。各社の特徴を上手に取り入れながら、楽しみながら使い分けをして行きましょう。

FX会社としてはより多くの顧客を抱え、たくさんのトレードをしてもらえないとFX会社の収入源の大きなところを占めるスプレッドやスワップ差益が減りますから。なんとしても口座数を増やそうとしていますので、ご自身のトレードスタイルが確立してきたら複数のFX業者で取引するのもありですよ!

冷静過ぎるドル円

16日のNY株は2万4,768.93ドル・前日比+62.52ドルと2日ぶりの上昇となりました。米朝首脳会談の不透明感などネガティブ材料はありますが、小売り好決算で何とか持ちこたえることはできました。

ドル円は110円前半を推移。北朝鮮と韓国の協議キャンセルは引っかかりますが、市場は「揺さぶりをかけているだけ」と至って冷静です。ただイラン・イスラエル・米中貿易問題と問題は山積みではありますが、ドル円はあまり揺さぶられていないです。強い..。

一方ユーロドルはと言うと、1.18ドル台にまで何とか戻すことはできました。しかし依然足元は弱く、1.17ドル前半が射程圏内に入ってきています。 ユーロの足を引っ張っているのが、イタリアの政治。ポピュリスト政党による連立政権樹立は、胃が痛くなる材料です。