FXのレバレッジの活用法

レート変動の少ない世界の為替を売買して利益を得るには、相当な額の資金が必要です。仮に100万円の資金で、1ドルが110円から110円50銭に変化すると4千5百円の利益確保が可能です。

でも、これは予測どおりに為替レートが変動したときの話しで、逆に動くとマイナスとなって損金が発生します。でも4千5百円を稼ぐために100万円の資金を用意してやるかです。

ですから、FXがあるわけですが、100万円を用意しなくてもレバレッジを活用すれば、100万円の1/25の額の4万円で4千5百円も稼げるのです。

さらにFXの勝率は、30%とも言われていますから、FXは美味しいですよね。でも、負けるときが70%もあるわけですから負けたときの損金が勝った額よりも少ないないと証拠金は増えて行きませんからね。

そのような目線でFXを見てみるとレバレッジがきく分、注意しなければならない点があります。

世界は、それぞれの国どうしが、経済的に繋がり合いながら成り立っていっています。貿易とは、お互いの国で足りないものを交換し合う経済活動。ですからお互いの国の力関係を表す為替レートは、経済状況に大きく左右させられるのです。

さらに今はグローバル化がどんどん進んでいっていますから、経済状況を表す為替レートは、瞬時に変動しているわけです。さらに瞬時に変動するからFXが面白いのですが。

でもFXトレードをやっていく上で気をつけなければならないのは、何か経済的に悪化する事態が起こると為替は急落します。でもその動きには、必要以上に群集心理的な要因が大きく絡んでいますから変動幅も異常な状態になります。そんな時にレバレッジを必要以上にかけているとあっという間に証拠金が無くなるどころか、マイナスになる時もありますので要注意ですよ。

そんな瞬時の動きに振り回されない為にも、新たにポジションを持つ時は証拠金内でのストップロスを設定する癖を付けておきましょうね!